プロフィール

キャプテンつかさ

2015年9月26日(土)

闘病日記のような記載になってしまいますが、お許し下さい。
お見苦しい場合はリンクを外して下さい。

この1月で体調が悪化し、自転車に乗れなくなる。日常生活にも支障が出て、徒歩も困難になる。完全な療養体制をとる。

しかし、1週間療養して、逆に悪化。持病の症状が強くなる。
練習の疲れとか、水中毒とかの電解質異常も2度の血液検査で余裕クリアし、これでない事を確信。

そして結果的にその症状が「悪化」した事で、犯人がよく見えてきた。特に「休んだことで」悪化した事で、ガキの頃から闘ってきた持病だとハッキリと分かる。

血圧とったら酷いもので、77出るわ、起立時に心拍が50も跳ね上がるわで、胸が強い心肺メニューをやり過ぎてしまった後のような苦しさを覚える。当然心臓疾患だろうと考えるところですが、既に循環器内科、脳外科、泌尿器科よりパーフェクトのご診断を賜り、遂にこれが調節障害(失調症)であることに確信を持つ。 ...もっと見る

[ 2015年9月26日 19:26 ]

1人が「応援してます 」と言っています

キャプテンつかさ

2015年9月10日(木)

7月くらいからずーっと体調が悪かった原因が遂に分かった!

精密検査を受けても異常無し。と言われるのは有り難いものの、事実救急車を呼ぼうかと思ったくらい具合が悪かったので、なんとか症状から原因を探り、遂に特定する。

1、水当たり
2、脱水症
3、低ナトリウム血症(水中毒)

の3つと特定。端的に言えば、

夏にあまりにも発汗が多く、水分や塩分が追い付かず、かつ内臓をおかしくして自律神経を悪化させた。

その原因が2つ。
1、冷房をほとんど入れなかった
2、変わりに大型扇風機を入れた

扇風機は150Wの強力なものにしたものの、これがかえって悪かった。汗が乾く上に涼しいので、大量に発汗している自覚が出ない。その上、「送風では汗の量はほとんど減らない」。 ...もっと見る

[ 2015年9月10日 19:26 ]

キャプテンつかさ

2015年9月7日(月)

正しい塩分摂取の話し。循環器内科の先生に聞きました。決定打です。

体重1kgあたり、塩分3g。
60kgの人はほぼ200gの塩分を保持している。

ここで、水だけ2kg無くなり、58kgになっても、塩分は60kg分の200gのままなので、喉が渇いて水を飲ませて薄めようとする。

もし、汗で塩分も6g=2kg分無くなると、体重は58kgのままで釣り合うので喉は渇かない。逆に60kgに戻す場合は、水2kgに加え、6gの塩分を回復させなければいけない。

この6gは、-6gを取り戻す6gであり、差し引き0である。つまり健康目安の1日塩分+8gまでに届いていない。

危険なのが、体重が55kgまで脱水してしまっても、塩分も15g脱していると、釣り合ってしまい、喉が渇かない。そのため給水が進まず脱水が進む。むしろこの時、水だけ飲むと塩分濃度が更に薄まり、水中毒を起こす。 ...もっと見る

[ 2015年9月7日 23:57 ]

キャプテンつかさ

2015年9月6日(日)

国内で行われている最高峰のツアー、Jプロツアーの総集編を見て思ったこと。

確かに、レベルは世界水準ではないかも知れない。正直私も前は、マイナーレベルだろ?と、軽く眼中にないようなお高くとまった感覚があった事を否定しません。

しかし、その考えが180度変わった経験。それは全日本選手権でのエピソード。

坂のキツイところで、選手が本当に顔を歪めて懸命に登坂する。
私は檄を飛ばす。悔いを残すな!、出し切れ!、諦めるな!

すると、想定外の出来事が。苦しい中、息をあらげて登っているのに、ほとんどの選手が、「ありがとうございます・・・」と言い返して来るのです。または、声に出せない選手は、頭だけでも下げて来ます。 ...もっと見る

[ 2015年9月7日 0:37 ]

おすすめイベント

JogNote