プロフィール

TanaToo

2月19日(日)

今シーズン2レース目。
会場に着いたときの気温は2℃、列に並んだときは6℃。寒がりで冷え性の私には困った気候。でも周りからはレース中の気温が12℃ぐらい、風も微風で最高のコンディションではとの声が聞こえた。整列してからの待ち時間対策で雨ガッパ代わりのポンチョを着込んで、スタートを待つ。

ひんやりとした雰囲気の中、スタート。隣にいた菜々花と将大のジイジさんは足首に不安があるといいながら、早々に背中が見えなくなった。ペースは5分前後。私の体感からは速くも遅くもなく。八幡東区の大蔵まで登り切ったあたりでだいぶ暖まってきたので、ポンチョはウエストポーチに巻く。5分前後のペースを刻むが周りはペースアップして、どんどん追い抜かれていく。でも気にしない。真颯館高校前、鋳物師町のアンダーパスなどのアップダウンを過ぎ、住金の打ちっ放しがあった角を上ったところで異常発生。幸いにして中間点は目の前。とぼとぼと進み、ペアリレーの中継点の先にある救護所へ駆け込む。毛布を被せてもらいしばらく休憩すると落ち着いてきた。ドクターが言う。“関門までだいぶ時間があるし、どうする?” 実はリタイアするつもりで救護所に入ったが、異常は感じなくなっていた。それにこの先再び何かがあっても門司・小森江・門司港と駅があり、リタイアしてもすぐにここに帰ってこれる。そう考えると気が楽になり、再スタートすることに。 ...もっと見る

[ 2月20日 12:38 ]

1人が「応援してます 」と言っています

1人が「すごい! 」と言っています

おすすめイベント

JogNote