プロフィール

Risyu

2013年7月13日(土)

早朝、朝3時。
あたりが真っ暗なうちにスタートして、3時間ちょい。
レイクタウンまでの往復20km+湖のほとり5週10kmで、合計30kmのラン。

サングラスをしてスタートしたのだけれど、
街灯がまったくない道が多くて、最初の7kmくらいは何も見えない状態。
足元が見えなくて、怖いのなんの!
道路を気にしながらなので、意図せず、ゆっくり入りのベストスロースタートとなった(・ω・ )

それにしても深夜、暗いうちのランニングスタートはわくわくする。
このちょっとした冒険感。
現代版、プチスタンドバイミーだ。

レイクタウンにたどり着く頃には、すっかり朝日も上り、楽しい冒険の終わりと、清々しい朝ランの幕開けとなる。 ...もっと見る

[ 2013年8月1日 20:07 ]

のりこ

冒険だね。冒険はわくわくする。読んでてわくわくするよ。でも、バンコクではこういうのなかなかできないんだよなー 危ない。(いろんな意味で)「マラソンは走る競技であって、歩く競技ではない」…耳が痛いです(笑

2013年8月2日 10:52

Risyu

そうなんだよねー、日本だからこそ出来るというか……
海外での夜中は、やっぱり危ないよね(';ω;`)

マラソンは走る競技であって、歩く競技ではない。それが私の基本的な考え方だ。
これは村上春樹の言葉なのです。
私も、耳が痛かったw
辛い時に、立ち止まってストレッチをするのはいい。
でも、(怪我でもないのに)歩いてしまうのは嫌だ。
そういうニュアンスだったよー。心に染みるねー!

2013年8月3日 6:59

おすすめイベント

JogNote