プロフィール

HITOSHI A.BE

11月13日(月)

りゅう

あっ、岡田先生(笑)
その先生もランナーですよ!

11月13日 23:04

HITOSHI A.BE

なんとなくりゅうさんのお知り合いではないかと感じていました。ご挨拶させていただくべきでした!とっても解りやすいお話で楽しい学びの時間でした!

実はりゅうさんのお知り合いのA先生に噛み合わせと頭痛の関連についてご相談させていただきたいと考えておりまして、上司と相談してご挨拶に伺いたいと考えております。

11月13日 23:46

りゅう

無意識下(睡眠時が主だが、スポーツや力仕事の時など)でのブラキシズム(くいしばり、歯軋りなど)が原因で側頭筋や後頸筋などに異常緊張が起きると、それが理由で頭痛が起きる…という可能性は説明することがあります。

ブラキシズムの原因は、実はハッキリしていなく、様々なストレスや噛み合わせも理由だとは言われてます。

じゃあ、噛み合わせ治療するために歯を削るのかと言われると、天然歯の調整は慎重になります。補綴・修復している歯(銀歯や白い詰め物など)の咬合調整は天然歯に比べれば介入しやすいですが…まあいずれにしても咬合調整は慎重になります。明らかに異常を引き起こしそうな咬合干渉は除去しますが。ちなみに欧米などではあまり咬合調整はしないと言われてます。

じゃあどうするかと言えば、スプリント療法(マウスピース)で筋肉の過緊張を緩和させつつ様子を見ていく場合が多いと思われます。大体3ヶ月くらいですかね。

一度相談されてもいいかもですね^ ^

11月14日 5:22

HITOSHI A.BE

ありがとうございます! 筋肉の過緊張によるものと考えられる場合があるのですね。もっとお話を聞きたくなってしまいます。教えてくださった例をふまえて、ご相談させていただく機会について検討します。ありがとうございました!

11月14日 5:47

山あ太郎さん、あつしさん 他 1人が「応援してます 」と言っています

欧州支部長さんが「お役立ち 」と言っています

りゅうさんが「写真GOOD! 」と言っています

おすすめイベント

JogNote