プロフィール

だいぶ*アラカン

6月21日(水)

皆さんからご心配頂いたのに書き込みをせず失礼しました。

受傷のいきさつは
夜間いつもの道を走っていたわけですが、いつもは右側を走るのになぜかこの日は左側を走りました。そして、いつも足を引っ掛ける場所に差し掛かり用心していたのですがなぜかその地点より前にもうひとつ路面が盛り上がっているところがあったらしく、そこに足を引っ掛けて...前方に飛び出すように転倒です。ケガを最小限にしようと空中姿勢で右ロールをかけて右わき腹から落下、ここで肋骨を一本ポキリと。右手にはケガ予防の為にハンドタオルを持っていたので傷はないのですが、着地の寸前に右手中指から薬指の爪の先がアスファルトに触れたらしく関節を異常方向に曲げてしまったようで右薬指第一関節を骨折と相成りました。その他左手のひらと右膝脇にそれぞれ深い擦り傷を作ってしまいました。結構な出血がありすぐに夜間救急で処置をしてもらいましたが、2日間は自力で横になることもできず。翌日は傷病休といたしました。
...もっと見る

[ 7月4日 0:43 ]

断固、四十郎……五十郎なのに。

T_T お大事になさってください。

7月4日 2:32

だいぶ*アラカン

寝たり起きたりの動作が辛かったですが今はうそのようです。(^。^)y-.。o○

7月5日 23:04

どんぐり

だいぶさん、それは大変でしたね(>_<)
夜ランの転倒は私も何回かしてるのですが、骨折は辛い❗
やっと治りかけ、気をつけて~
それにしてもお遍路さん似合ってます!(*^^*)

7月4日 5:30

だいぶ*アラカン

ツンノメッテぇ。今回は止められず。これでも最小限のケガだと思います。頭でなくて良かったぁ。人形は顔が命!吉徳~~♪

7月5日 23:06

6人が「応援してます 」と言っています

1人が「すごい! 」と言っています

2人が「写真GOOD! 」と言っています

だいぶ*アラカン

6月20日(火)

[ 6月24日 17:03 ]

アキオ

えー骨折?

6月24日 20:21

ねこ

大丈夫ですか?

6月24日 20:32

3人が「応援してます 」と言っています

だいぶ*アラカン

6月18日(日)

1人が「応援してます 」と言っています

だいぶ*アラカン

6月11日(日)

四国お遍路 シーズン4 4日目
湿度が高く気分が上がらない。今日はまず朝電車で国分寺に向かい御朱印をもらう。そのまま取って返して同じ駅に降りて香園寺まで歩いて行き、納経。大きな本堂は何か特別な宗教性を感じてしまうのは自分だけなのか。そのあとまた駅前に向かって宝寿寺で納経。ここはやくざなお寺他では無料のお札を200円取る。仕方ないのでお金を払う。そのあと一国一之宮神社に向かう。後で分かったが伊予一之宮神社は他にありなんとしまなみ海道の大三島島の西側にあって、通らなかったルート。残念だけれどしょうがない。吉祥寺、前神時と打って今回は打ち止め。前神時で怪しいお遍路おじいさんと話し込んだので、時間がない。途中走って何とか中萩駅に到着。途中農家のおじいさんからアメちゃんのお接待をうける。ありがたい。電車を待つ間に地元の人と話す。疲れがスッと飛んでゆく。電車に乗り込むと例の怪しいお遍路爺さんがいたので隣に座るが話が弾まない。静かにして置いたら途中で降りた。観音寺駅で下車して余裕のお風呂へ向かうと途中に別の銭湯があったのでそこに入る。お客が多くて昔の銭湯の活気を思い出す。出がけに地元の人に美味しいご飯の店を紹介してもらって一旦駅に戻り場所を探す。1時間前に晩翠に着く。予想以上に美味しいご飯に満足する。駅に戻ってバスに乗り快適に新宿に着く。

[ 6月17日 18:23 ]

だいぶ*アラカン

6月10日(土)

四国お遍路 シーズン4 3日目
荷物を預けて5時5分に出発誰もいない1人だけ。気持ちの良い林の中の道を進むと登りに取り掛かる八丁だ。「試しの鎖」でおにぎりを食べ上る。きついのぼりを鎖に伝って上ると狭い尖峰の上に立つ。まっすぐ立つのが怖い。いったん降りると眼下には売店がある。ラジオの音は聞こえるが人のいる気配がない。この後3つの鎖場を越えて、頂上に着く。御朱印をもらって天狗岳頂上に。残りのおにぎりを食べて1時間ほどのんびりした後、下る。途中で昨日の郷渡さんにあい、お互いにエールを送る。成就に戻って荷物を受け取り、宿のご主人と少し話して、下り始める。登り道どこで間違えたのかを確かめたい。答えは夏草に隠されていた指導票だった。下を向いて歩いていたことと、少し焦りがあったので、何度かあった分岐点を見逃していたことが敗因だった。これがわかったので、後は下りに専念。河口から虎杖へ。モエ坂は急だ急だと言われて下っても来たけれど、気持ちよく登ってくれた。再び星が森から今日上ってきた石鎚山を見ると高さと遠さは変わらないけれども、優しさが感じられた。何度も手を合わせて参拝したあと横峰寺に再拝して下る。昨日輪袈裟を忘れたので同じ道を下る。輪袈裟は同じ場所の木の枝に引っかかっていた。予定した道と違うので、今日は宿に着くのみ6Kほど歩いて19時前に着く。先達のおばあさんがやっている宿なので何かとうるさく言ってくる。昨日の涼しさに比べるととても暑くてかもいるのでここでもゆっくり眠れない夜を過ごすこととなる。

[ 6月17日 17:58 ]

だいぶ*アラカン

6月9日(金)

四国お遍路 シーズン4 2日目
朝起きて本堂にお参りと喜捨してから5時半出発。部活動の中学生が明るい声で朝の挨拶をしてくれる。先発した脚本家君の背中を途中で発見する。湯浪の集落から登りに入る。一番上の休憩所は水もトイレもあるので泊まれる。ここから上が山道じっくり上らなければ疲れがドンと出る。横峰寺から星が森をたどると石鎚山の絶景が見える。遠くて高い絶壁が見える。果たして今日中にあそこまでつけるのかという不安が募る。まずは下りで虎杖(イタヅリ)→河口(コウグチ)いい時間でここまで到着。ここからが上り一辺倒で成就には14:30到着でギリギリだから。気合を入れて上がる。最初の林道との出会い30分でクリアしたので先行きが明るい。ところがどこまで行っても林道で山道への入り口が見つからない。いい加減時間がたったころ宿に連絡して道が間違っているかの世があるので下って登り口を探すように指示があった。30分ほど走って下ると入り口を見つける。見落としていた。時間的に頂上は無理なので宿キャンセル。長いのぼりをトボトボ上るがモチベーションが無くなったので長くて何度も休みを入れる。明るいスキーリフト下にポンと出る。ホッと安心して成就に着く。着いてみればまだ15時30分。上に行くには鎖場もあるので入山禁止時間帯。諦めてゆっくりすることにする。昨日の寝不足も取り戻さないとね。ここでお遍路の郷渡さんと出会う。楽しくお風呂と食事で話をする。眠るまでストーブをつける。快適。

[ 6月17日 17:24 ]

だいぶ*アラカン

6月8日(木)

四国お遍路 シーズン4 1日目 光明寺通夜堂
霊の出るという青木地蔵堂を見に行く 確かに夜一人でいると小さな音や車のヘッドライトの動きが何やら想像してしまうかもしれないそんな雰囲気を醸している通夜堂であった。でも宿がなくて困ったら泊まるだろうな。柚山くんの実家はその先だけれども発見できず。そのまま延命寺を越えて愛媛美人に道を聞きながら今治の街に入ってゆく。お遍路中で初めてお昼をコンビニ以外のお店に入る。COCO一番のカレーが非常においしく感じた。ここでゆっくりしたのが後々響いた。南光坊を打ってから先で時間がギリギリなのを感じた。わずかだが黄色信号、最後の国分寺が間に合わないかもしれない。しかしなかなか意識が発火していかない。心配しながらもやや急ぐという構えで進むが仙遊寺直前で時間が決定的に足りないのがわかり、この辺りから焦って走り出す。仙遊寺を打ったら全力走のつもりでいた。幸い山道で走り易いので行けるかもしれないと思いつつ頑張ったんだけれどもあと2k地点でこちらを見ていていただいた方から車で送ってくれるというお接待があったけれどもどうしても自分の足で行きたかったので、申し訳ないけれどお断りしてしまった。結果2分遅れで山門に到着。しかし納経所も駐車場もだーれもいない!
...もっと見る

[ 6月17日 15:59 ]

だいぶ*アラカン

5月27日(土)

1人が「お役立ち 」と言っています

おすすめイベント

JogNote