プロフィール

あたっく

4月23日(日)

遅まきながら宮古島参戦記。晴れて湿度も低く、絶好のコンディションの中、スイムスタートした。膝蓋靭帯炎と、一昨年から悩まされている胃腸の不調が気になりつつ、ゆっくりと泳ぎ出す。最初はバトルが酷かったが、600mブイ回ったあたりからはマイペースで泳げるようになり、そこそこのタイムかと思いきや、例年より10分くらい遅い。?と思ったが逆潮でみな遅かったとのこと。バイクも日差しは強いが湿度が低く、風に悩まされてながらも快適に走る。心配した伊良部大橋もそれほどの風でもなく、入れ込み過ぎないよう落ち着いて走る。結果、ベストよりも25分以上遅かったが、脚を残してバイクゴール。さて、問題のラン。胃薬をのんでスタート。10キロまでは快調。キロ6分を切れていたと思うが、その後やはり吐き気が。その後7キロは吐き気との戦いで、トイレに入ったら身体が痺れて震えてる状態。やはり脱水になっていたようだ。アクエリアスの水割りを無理やりのんで吐き気を我慢して走っていたら折り返し手前からなぜか復活して、また集中して走れるように。残り14キロくらいきた坂の手前で見覚えのある姿を確認。一回もすれ違わず、リタイアしたか!?と心配していたいくさんの姿が!前日まで歩くのもままならない状態の中、スイム、バイクを終え、ほとんど間に合わないことが分かっていただろうに、ランスタートしたその姿に感動を超えて、尊敬の念を抱く。マイペースで、ムリしないで!と声を掛け、逆に元気をもらってペースを上げる。だか、残り7キロくらいから本当に脚が動かなくなり、そこからはガマンの走り。あと5キロ、4キロ、3キロ、と痛む脚をごまかしながら、なんとか競技場へ。最後は宮古島の子供たちの応援と一緒に走り、ゴール‼️10回目、節目の宮古島が終わった。また来年もこれるのだろうか?もうベストは出ないかも知れないが、ロングは宮古島だけは出たいな。

[ 4月30日 12:28 ]

おすすめイベント

JogNote