プロフィール

シニア

6月4日(日)

第24回 奥武蔵ウルトラマラソン 完走

78.0km

6時間32分51秒

RL 野辺山後、なかなか疲労が抜けず貧血?のような状況でDNSも考えた。
2015年のラップを目安に、前半は毎5kmを2015年より30〜60秒遅く、後半に温存する作戦。
また40kmまでは各エイドで少量でも捕食するよう心がけ。

5km、10km、15kmと気持ち抑えて走るも調子の悪さに完走が不安になる。
コースを覚えて無かったので25kmからの本格的な入山?までこんな走るんだっけと思った。
30km、ロキソニン摂取
40km以降から急激に疲弊してフラフラになり歩き入る。
50km過ぎの折り返しではかき氷で1分ほど休憩。
5?km、ロキソン摂取
55kmのラップを押し忘れ60kmまでが延々と長く感じ、この15kmでかなりラップを落とす。
...もっと見る

[ 6月5日 10:13 ]

Tsuyoshi

40kmでアクシデントがありつつも、最後はまとめてますね!さすがです☆
加山さん、今年は圧巻の走りでしたね!!

6月5日 12:04

シニア

つよぽんさん、オクムお疲れ様でしたー。
2016はエントリーしなかったので、今年は2015に続き2回目のオクムでした。
前半、特に40-55がダメダメだったのですが、オクムは戦略的に走る必要ありますね。
登りも下りも走れないとタイムが出ないですねw

6月5日 16:16

たけはは

強いですね。僕も野辺山-奥武蔵連戦ですが昔のようにいきません。スクワットの他なんの筋トレがいいんでしょう。

6月5日 20:00

シニア

たけははさん、オクムお疲れ様でした!
すれ違い時に気がついたのですがきつすぎて声も出せずご挨拶できずすいませんでした。
できれば6時間10分くらいで走りたいのですが、今回も6時間半もきれませんでした。

自分は素人ランナーでフォームが悪いので、フォーム改善が永遠のテーマだと思ってまして、頻繁にダッシュを取り入れています。ジョグの時は途中で30-50mダッシュを数本入れたり、ポイント練習では光が丘公園内の直線を使って200mx10本とか480mx5本とか。走行距離は10kmに満たないですが、股関節含めてかなり負担かけられてると思います。
加齢もあってここ数年は距離は踏めてないですが、野辺山の刺激走も1000m x1本とか(笑)

6月6日 10:01

1人が「すごい! 」と言っています

シニア

5月21日(日)

[ 5月23日 13:58 ]

たけはは

お疲れ様でした。野辺山に関してはお手上げです。スクワットで対策してみます。

5月23日 23:35

シニア

たけははさん、ご無沙汰しております。以前のたけははさんのタイムには到底及びませんが、年1本のウルトラなので今後も続けて行ければと思っています(^^)/
今回のスクワットは約1か月前から子供(小6)をおんぶしてハーフスクワット(50〜80回)を毎朝やりましたよ。

5月24日 11:39

Tsuyoshi

あの暑さのなか・・・お見事です☆
スクワットは、ランジと読み替えてもOKですか?

5月24日 8:46

シニア

つよぽんさん、昭和時代の野球部は水飲めなかったので笑
自分のスクワットはほんとのハーフスクワットです。
風呂で歯を磨きながら自重で500-800回か、子供をおんぶして100回未満。おんぶスクワットの方が筋肉に刺激が入る気がします。
意識はケツとハムの間の大殿筋かなー。

5月24日 11:43

2人が「すごい! 」と言っています

シニア

2016年7月3日(日)

BUSHIDO
スタート後、平丸までの上りロードは少し抑えても9’20と調子良かったが
最初の上りで脚、特におしりから裏側にかけて力が入らない感覚。

意識して鍛えたはずだったスクワットよりも、カーボアウトを木曜の夜までやってしまったのが原因か。
立石から県境尾根分岐と神ノ川までの下りはまったく調子出ず。

日陰沢への上りと犬越路トンネル前後の下り区間も走りが重くて調子でず、徐々に目標タイムからの遅延が広がった。

袖平山山頂で約14分のビハインドだったが追い込めてない分、いつもよりは余裕あり、下りで1分だけ短縮してゴール。

BUSHIDOは今回で10回目の山使用、ソールが劣化してて滑りだしていたので今回で終了か。 ...もっと見る

[ 2016年7月4日 15:30 ]

シニア さんが 第69回 富士登山競走 に「参加予定」と言っています。

開催日: 2016年7月22日(金)

種目: 21.0km

いきごみ:

めざせPB

シニア

2016年6月12日(日)

BUSHIDO
初のコースだったので、4:40カットの4時間39分で計画表作成。
ラスト2kmの下山中に痛恨のミスコースだったらしく下町まで降りてしまい登り直してゴール。
コース後半の分岐は目印が分かりづらかった。
ゴール直前に違う方向からゲートに走りこんだので結果はリタイヤ扱い。
手元の時計は4:39’50。実際は4:36-7分か。
それにしても自分の計画性の正確さに少し驚いた。
入りの10分くらいはかっ飛ばして先頭集団の最後尾に。上りに入ったら無理せず歩き多めで。
下りはうまくないのでできる範囲で飛ばして。今回は登り時、腰に両手をあてて骨盤を起こすイメージを強くもった。スクワットの効果もあるのか、登りは歩きではあるけどガツガツ登れた。
...もっと見る

[ 2016年6月13日 15:04 ]

1人が「応援してます 」と言っています

おすすめイベント

JogNote