プロフィール

韋駄天太郎

2013年12月20日(金)

先日、仙台に出張した。
三泊四日。
クリスロードという若者受けするような語感の歩行者通り、その一角で商いの真似事をしてきた。
呼び込みの連呼の声に、一人の客が応じてきた。
「これください」
「これは今や会津を代表するお菓子になりました。会津に行かないと買えません。仙台の方に人気です」
天神さま(菓子名)を小袋に入れながら口早に喋った。
「私は浪江(福島県)出身なんです。主人は早くに亡くなりました。娘が仙台に住んでいたのでここに来ました。もう帰ることは諦め、仙台に住む決心をしたんですが、娘が今度アメリカに行くことになりました」
「そうですか、何となく言葉が福島っぽいなあと思っていましたが」
...もっと見る

[ 2013年12月20日 12:55 ]

☆七星☆

この日記を電車の中で見なくて良かったです。職場の倉庫で一人大笑いしました。

2013年12月21日 6:45

韋駄天太郎

2013年12月17日(火)

☆七星☆

痛烈で、最後はスカッとしたしました。本音だけで生きて行ければいいですが、それは難しいですね。本音で日記を書いていたら、ジョグノート仲間が誰一人いなくなるのは確実です。それもまた結構です。あくまでも日記なので、自分に正直に残したいと思います。

2013年12月17日 21:11

韋駄天太郎

本音で言い合ってこそ家族同等の付き合いができる、と、血気盛んな頃、職場でやりました。でもそれは潜在意識の中で臨んでいたことではないのか、というのは、薄ら笑いを浮かべてしたくもない会話をすることに正直嫌気が差していましたから、嘘の付き合いに。世渡りの基本は腹六分の付き合いと言いますが、痛い目にあって分かりました。でも後悔はしていません。不器用なりに自分なりに懸命だった、振り返るとそれが愛しく思えます。

2013年12月20日 12:27

1人が「お役立ち 」と言っています

おすすめイベント

JogNote