プロフィール

2011年3月23日(水)

0kcal

すばらしい選手宣誓

はじまった高校野球の
創志学園・野山主将の選手宣誓
素晴らし過ぎ。1年生ですよ!
とても良かった。力強かった。
“キョイチ”です。

「私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。

今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。

被災地ではすべての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。

人は仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることができると信じています。

私たちに今できること。
それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。

がんばろう、日本。

生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」

[ 2011年3月24日 6:58 ]

モリ丼

僕も見ました。感動しました。
堂々とした口調で、あれで16歳と思えないですね!

2011年3月24日 12:24

ハセピョン

感動しましたよね・・・。
高校野球の選手宣誓という枠を越えたような内容を
16歳があれだけ立派にしかも落ち着いた雰囲気で言うなんて。

監督に「一千回練習しろ!」って言われたそうですよ。
彼も相当なプレッシャーだったんだろうと思うと余計輝かしく思えます!

感動しますよね・・・。

2011年3月25日 6:55

ノノヒデ

選手宣誓良かったですね~!あの年に生まれた子供がもう
高校生とは時間がたつのは早いですね~。

2011年3月24日 13:39

ハセピョン

運命めいたものを感じますよね、
阪神大震災に生まれた子が東日本大震災に対してエールを送るなんて。

僕の修士論文は阪神・淡路大震災とかぶらせていたものです・・・。
時間が経つのは早いですね。

2011年3月25日 6:30

shino

涙が出そうな宣誓ですね。

みんな、頑張ろう!やれることを一つずつやっていったらきっと日本は、早く復興するはずですよね!

2011年3月24日 16:01

ハセピョン

涙。
翌朝、会社で秘書の女性に、「選手宣誓を見た?」って聞いてみたら
「見てない」っていうから少し説明を始めたら、
それでまた込み上げるものが出てきて、涙が出そうになりました。
本当にあ~いうの弱いんですよね。

元気を出すことがは本当に大切ですよね。
でも「元気を出す」ってことを続けることもまた本当は難しいことのような気がします。

“仲間で支えあって”少しずつ復興が見えてくれば、元気も持続するんでしょうね。

2011年3月25日 6:36

おすすめイベント

JogNote