楽しく走ってステップアップ

今年こそジョギングをはじめよう!ジョグノートなら記録管理もカンタン

著者紹介

鍋倉賢治

鍋倉賢治

1963年生まれ。1991年 筑波大学大学院博士課程体育科学研究科修了・教育学博士。

現在、筑波大学体育系(体育センター)教授 ランニング学会常務理事を務める。専門は健康体力学、マラソン学。

モットーは「楽しく追い込む」。マラソンベスト記録は2時間29分09秒。

走るなら食べよう!~体は必ず変わります~

バックナンバー

最新講座


川内選手の挑戦の意義 川内選手の挑戦の意義

ジョギング

今季も毎週のようにレースに出場しながら、高いレベルで結果を出し続けている川内優輝選手。猪突猛進の姿とその成功には、驚きを通り越し感動すら覚えます。

練習の一環でマラソンを走るやり方は、必ずしも全てのランナーのお手本にはなりませんし、彼にとってもベストかどうか分かりません。しかし、実践的なトレーニングの機会を確保したい彼には、今のスタイルが性に合っているのでしょう。

自分の意思で

彼を見ていて思い出すのは、高橋尚子さんです。特に独立してからの彼女のチャレンジを、僕は支持しています。二人に共通して言えることは、「生き生きと走っている」ことです。「チームのため」、「会社のため」、「日本のため」と気負うことなく、自分の意思で「走りたい」という原点に立っているように思います。

自己の追求

「自分のため」と言うと、自分勝手というイメージもありますが、目的もその過程と結果に対しても、自分自身で責任を負う覚悟の上での姿であると僕は受け取っています。

例えば、MLBのイチロー選手などがその好例ではないでしょうか。彼は、ときに個人記録を優先する自己中心的な選手として形容されることがありますが、自分がなすべき事を追求するからこその、自分へのこだわりなのではないでしょうか。一方、その対極にあるのが、体罰問題で世間を騒がしている今のスポーツ現場なのかもしれません。

後半を読む

外的規範

合宿などで高校生の練習を間近に見ることがありますが、そこでは痛々しいトレーニングを目にすることがよくあります。遅れそうな仲間に対して、ある者は背中を押し、ある者は気合をかけ、なんとかトレーニングを一緒に完遂できるよう頑張っています。そこにコーチの気合が重なり、見ていて辛く、その場を離れたくなります。トレーニングのごく一部分かもしれませんし、他者によって限界を超え強くなるのも事実です。しかし、そこにはランニング中の自分と向き合う時間があるのでしょうか?

ランニングにおける内的規範

ランニングは、自分を感じ、自分を知るための行為とさえ言えます。主観的なので、感じただけで終わってしまったら単なる自己満足に過ぎません。より良い自分と出会うためには、自分を客観的に認識する必要があります。フォーム、ペース、さらにもっと言えば、なぜ走るのか?ただ単に、「気持ち良い」を超えた言葉で説明することが自分を知り、そしてより高い自分につながるように思います。

「高校駅伝に出場する」などの目前の目標のためには、外的規範も有効でしょう。しかし、もっと大きな、長い目で見た場合、若い頃から主体的な取組の習慣が必要だと思うのです。僕の学生時代は、高校駅伝も箱根駅伝も今ほど加熱しておらず、ごく一部の強豪校を除けば、選手自らトレーニングを考えるのが当たり前でした。それ以後、高校生や大学生が目覚しく記録を伸ばした反面、トップ選手は停滞しているのが現実です。

選手の自立は指導者の意識改革から

中学生はまだしも高校生・大学生になったなら、自分(たち)で目標を作り、トレーニングメニューを考えるべきです。コーチの言いなりになって、チームメイトについていけばよいトレーニング、厳しく背中を押されるトレーニングは、ある意味精神的に楽かもしれません。しかし、自分自身で悪い結果や流れを受けとめる準備ができず、追い詰められることも多いのではないでしょうか?自律/自立し、自由に走れる若いランナーが育つ土壌を開拓する必要があります。そのためには、選手以上に指導者の懐が試されているように感じます。川内選手の挑戦と成功の傍ら、そんなことを連想しています。

(文:鍋倉賢治 イラスト:後藤徳一郎)

前半を読む

関連講座

前の講座

次の講座