楽しく走ってステップアップ

今年こそジョギングをはじめよう!ジョグノートなら記録管理もカンタン

著者紹介

鍋倉賢治

鍋倉賢治

1963年生まれ。1991年 筑波大学大学院博士課程体育科学研究科修了・教育学博士。

現在、筑波大学大学院人間総合科学研究科(体育センター)・教授 ランニング学会常務理事を務める。専門は健康体力学、マラソン学。

モットーは「楽しく追い込む」。マラソンベスト記録は2時間29分09秒。

走るなら食べよう!~体は必ず変わります~

バックナンバー

最新講座


ベアフットランニング讃歌への危惧 筋トレで基礎代謝量は増える?

最近、ベアフット(裸足)ランニングへの注目がますます高まっています。同時に雑誌や講習会では、前足部から着地する「フォアフット」も推奨されているようです。一方、絶対視されているような紹介の仕方に戸惑いも覚えます。以前にも取り上げましたが、再度ベアフットランそして前足着地について考えてみます。

ベアフットの効果

ベアフットランが謳う効能は、着地部位が変わることによる衝撃の緩衝、足(脚)の強化、そしてパフォーマンスの改善です。すなわち、かかとで着地すると衝撃がダイレクトに膝へかかる一方、前足で着地すると、足裏全体の接地に至る際の足首の底屈が着地衝撃を吸収するというものです。

ジョギング

ランニングブームに一役買ってきたシューズのクッション性能があだとなって、元来裸足で走っていたわれわれ人類は、徐々にかかとで着地するようになり足(脚)の機能を退化させている、というのがその主張です。さらに前足着地は、アキレス腱のバネを有効に使え「より効率的(経済的)に走れる」となります。

衝撃吸収の点では、その場でジャンプしてみれば一目瞭然です。自然に前足部で着地します。そこであえてかかとで着地してみて下さい。脳天まで突き抜けるような激しい衝撃を感じるはずです。

走速度が上がれば自然にフォアフット

考えてみると、僕が陸上競技を行なってきた経験の中で「前足部で着地しよう」と特別に意識した記憶は、実はありません。

中学生の頃は、短距離選手と一緒にスタートダッシュ、タイヤひきなどを行なっていましたが、前傾した姿勢で走るため、かかと着地はやろうと思ってもできるものではありません。ごく自然に前足着地で走っており、例え距離が延びても、レースなど速度が上がれば同様だったのです。陸上トラック専用のスパイクシューズには、必然的に前足部にしかスパイクがついていません。

初心者はかかと着地

一方、ウォーキングからジョギングへステップアップした人や中高齢になってから走り始めた人の多くは、かかとから着地します。下腿・アキレス腱への負担が小さいこと、着地動作が歩行の延長であることがその要因です。そのような人に対しても、最近の風潮はフォアフットの習得を促しているかの如きです。

後半を読む

かかと着地はブレーキか?

かかとで着地する弊害として「衝撃」の他に「ブレーキ」が挙げられます。しかし、「ブレーキ」は本当に悪者なのでしょうか。そもそもブレーキをかけて足が地面にとどまるからこそ、そこを支点に上体が前方へ移動するのです。ブレーキがなければ、足も進んでしまい走れません。ストライドを伸ばそうとして重心より極端に前で着地するのが良くないだけです。

実際に着地の仕方を変えて走の経済性を評価すると、速い速度ではフォアフットが優れていますが、ゆっくり走る場合、かかとで着地する方が省エネの可能性があります。

フォアフットでもかかとでも

もちろん、フォームを考えるきっかけやランニングの幅を広げるために裸足で走るトレーニングを取り入れることには大賛成です。裸足で走らないと分かりにくい感覚や足の動作もあります。けれども、例えば「かかと着地はいけない」と言われると、自由なランニングから離れて行ってしまうように感じます。ベアフットランもそもそもは自由に走るためのスタイルの一つではなかったのでしょうか?

私的な話で恐縮ですが、年明けすぐにアキレス腱を痛めドクターストップがかかりました。長年のつけなので仕方がありませんが、痛みが和らいだとしても、しばらくは小股でかかとから着地し、アキレス腱を守る必要があります。

ここで言いたいのは、皆が皆、フォアフットを目標にすることはないのではないか?ということです。一人ひとり脚・足の形状や筋力は違うのです。そして走速度も、ランニングスタイルや目的も異なります。知り合いの中にも、痛みをこらえてフォアフットを目指している人がいました。膝を痛めた経験がある人や短い距離でタイムを上げたい人は、フォアフットの習得を試してみたらと思いますが、必要でない人、ゆっくり走る人は、無理に変える必要はないのです。ランニングが自由で開放されたものであるからこそ、かかと着地だってフォアフット着地だって「あり」だと僕は思います。

(文:鍋倉賢治 イラスト:後藤徳一郎)

前半を読む

関連講座

前の講座

前の講座